桑子真帆アナウンサー イモ姉ちゃんが福山雅治の結婚に思わず番組中に本音がポロリ

シェアする

NHKに桑子真帆アナウンサーです(30)

2010年にNHKに入局。

長野放送局→広島放送局から東京アナウンス室に移り、「ブラタモリ」のアシスタントで一気にブレーク。

ほんわりとした癒し系の美人で人気の女子アナウンサーです。

昨年の5月にフジテレビのアナウンサーの谷岡慎一さんと入籍し、ファンをがっかりさせましたね(笑)

東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業というNHKの女子アナウンサーの中では一風変わった学歴の持ち主であります。

なぜチェコ語専攻なのでしょうね?

この辺りの独特な個性が「ブラタモリ」で発揮されていたように思います。




桑子真帆アナウンサーはイモ姉ちゃんだった?

さて、桑子真帆アナが「ブラタモリ」の番組収録中にたまたますれ違った、地元のおばちゃんに「イモ姉ちゃん」と言われたことがあります。

その時の「ブラタモリ」の動画がツイッターにあがってました。

何気に笑える動画なので必見です!

「真帆ちゃん、キレイになったねぇ~。」

「最初に出ていた時はすごいイモ姉ちゃんだなぁって思った」

なんて言われちゃってます。

なんかこのほのぼのとしたやり取りが面白いですね。

そんでもって、「イモ姉ちゃん」だったと聞くと、入局当時の桑子真帆アナウンサーが本当に「イモ姉ちゃん」だったのか検証したくなるものでして(笑)

ネットで「イモ姉ちゃん」だった頃の桑子真帆アナの画像を拾ってきました。

はい、「イモ姉ちゃん」確定!

入局当時の桑子真帆アナウンサーって今と全然違いますよね。

今は垢ぬけたというか・・・・。

桑子真帆アナって地方出身者なのかと思ったら、なんと神奈川県川崎市出身。

高校は「私立鴎友学園女子高等学校」、大学は「東京外国語大学」です。

青春時代を普通に東京で送っていたわけです。

しかし、NHKに入局当時の「イモ姉ちゃん」っぷりはなんなんでしょうか?

入局当初が長野放送局だったせいか、長野の風土に影響されたのだろうか?




学生時代の桑子真帆アナはどうだったのか気になった。

ネットで桑子真帆アナの大学生時代の画像を探したらありました!

右側が桑子真帆アナウンサーです。

ボーイッシュな髪型をされていたんですね。

「イモ姉ちゃん」って感じはあまりしませんね。

NHKに入局当時は、なぜか劣化していたようです(笑)

桑子真帆アナウンサーが垢ぬけてきたのは、やはり東京アナウンス室に移ってから「ニュース7」や「ブラタモリ」に出演するようになってからですね。

地方局のアナウンサーと違って、服装や髪型にも気を使うようになったのかもしれません。

しかし、東京アナウンス室に異動してからの垢ぬけっぷりは清々しいです。

桑子真帆アナウンサー 福山雅治の結婚に思わず番組中に本音がポロリ

桑子真帆アナウンサーは2015年に、「ニュース7」で俳優の福山雅治さんと女優の吹石一恵さんの電撃結婚を報じる機会があった。

その時のメインキャスターの武田真一アナウンサーとのやり取りで、思わず本音がポロリ。

武田真一アナが

「ショックと感じた方や、お似合いだなと納得された方、さまざまだと思いますが、桑子アナはどう感じましたか?」

と聞かれ、

桑子真帆アナウンサーは両手を広げるゼスチャーを交えて

 「私はショックで…思わず『エッ』と声を上げてしまいました」

と本音がポロリ。

そして気を取り直して桑子真帆アナウンサーは福山雅治さんと吹石一恵さんの電撃結婚のニュースを読み上げたとか。

NHKが芸能人の結婚をニュースで報じることは異例だったらしく、そのことも当時話題になったようです。

桑子真帆アナウンサーって福山雅治さんのファンだったのだろうか?

NHKで芸能人の結婚のニュースを報じることも異例ですが、女子アナウンサーがそれについて個人的な意見を述べるのも異例ですよね。

福山雅治さんがNHKの大河ドラマ「龍馬伝」の主人公の坂本龍馬を演じたこと、吹石一恵さんが「ドキュメント72時間」でナレーションを担当するなど、NHKと縁のある二人だったから、ニュースで報道したのだと思います。






SNSフォローボタン