和久田麻由子アナ ほくろの数が増加?除去したほうがいい?

シェアする

和久田麻由子アナ ほくろの数が増加?

NHKの女子アナの和久田麻由子アナウンサー。

可愛いですね。

月曜日から金曜日の朝の4時30分からの「おはよう日本」のキャスターです。

早朝から毎朝、ごくろうさんです。

朝が早い仕事に就かれて人は、早朝から和久田麻由子アナに癒されてる人も多いのでは?

「だるいけど、今日もがんばるかぁ」ってな感じですか?




和久田麻由子アナのほくろが話題になってました。

増加したのでは?という内容でしたが・・・・。

WIKIには

ほくろ(黒子、黶、英語:mole)は、メラニン色素を含む細胞、即ちメラノサイトが、皮膚の一部に周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。

と書かれてました。

ほくろの語源

ほくろの語源は、古くは「ははくそ」と呼ばれていたそうだ。

漢字にすると「母糞」。

昔の人は、それが皮膚のメラニン色素ということは知らなかったから、ほくろは「母親の胎内にいる時に母親の糞が赤ん坊に付いた」という認識だったらしい。

「ははくそ(母糞)」が変化して、現在のように「ほくろ」と呼ばれるようになったそうな。

ちょっとしたうんちくです。




ほくろが増加する原因

ほくろが増加するっていうことがあるようですね。

ほくろが増加する原因は

・紫外線 

紫外線からの刺激でほくろができる。

・メイク 

ブラシやスポンジで肌を刺激することでほくろができる。

・寝不足 

寝不足で成長ホルモンの分泌が足りないと、古い角質や細胞が排出されにくくなりメラニン色素が蓄積され、ほくろができる、

などなど。

他には、「偏った食事」、「ストレス」などでも、ほくろができるみたいですよ。

和久田麻由子アナが、以前に増して、ほくろがの数が増えたかどうかは、実際のところわかりませんが、生放送でニュースを読んだりと、アナウンサーの仕事ってストレスが多いでしょうね。

それに、現在は早朝4時30分からの放送の「おはよう日本」で、月曜から金曜まで、深夜に出勤しているでしょうし、当然メイクもしてますよね。

ほくろが増えやすい環境と言えばそうなのかもしれません。

しかし、元から和久田麻由子アナってほくろが多かったようですよ。

以前に増して極端にほくろが増えたってわけではないとおもうのですけどね。

和久田麻由子アナのほくろって、気になります?

これくらい、ほくろの多い人って結構普通にいますよね。

大きなほくろがあるわけでもないし、特に私は気になりませんけど。

除去したほうがいい?

ネットで和久田麻由子アナのほくろは、除去したほうがいいって書いてるのを見かけましたけど、わざわざ切除するほどのものでしょうか?

ちなみにメスで切除する場合は保険が適用されるそうです。

しかし、最近流行りのレーザー治療は保険適用外だそうです。

ネット調べたら、形成外科でのレーザー治療で5個のほくろの除去に5000円ほどと書かれていたり、美容外科での除去では4万円ほどと書かれて書かれていたり、形成外科と美容外科では、かなり値段の開きがあるようです。

もしも、和久田麻由子アナの顔から急にほくろがなくなったら、ほくろの除去をしたってすぐにわかりますよね。

元々ほくろが多い人なので。

でも、和久田麻由子アナのほくろってかわいいと思いますけどね。

よほどイボ状の大きなほくろでもないかぎり、そのままでいいとおもいますけどね。

和久田麻由子アナのほくろに関しては、とくに話題にするほどでもないような気もします(笑)






SNSフォローボタン